人もライフラインも引越しを

人もライフラインも引越しを

引越しが決まったら、水道光熱関係や住民票の異動といった行政関係もお忘れなく。引越しをしても、同時に住民票などの異動を忘れてしまう人は多く、後で重要な書類や届かない、手続きが滞ってしまう、といったトラブルも多く見られます。
その中でも多いのが、運転免許証の住所変更忘れ、クレジットカードの住所変更、役所への異動届忘れ等。ダイレクトメールが届かない程度であれば、早々に問題が出るという訳ではありませんが、支払関係や子供の学校関係の手続きは、遅れてしまうと問題になってしまうこともあります。しっかり忘れないようにしておきたいものです。
予防策、対応策としては、項目をリストアップしておいて優先順位を決めて手続きをする方法がおススメです。一度に済ませられる手続きや、運転免許証が必要になるものなど、ポイントを抑えておけば、何度も訪問して手続きをする手間が省けます。ただでさえ時間がない引越し時期ですから、出来るだけお金がかからず、手間も最小限で、効率よく手続きを行いましょう。住民票が必要なモノについても、窓口で確認すれば返してもらえるもの、原本を提出しなければいけないものなどがありますので、確認で済むものを先に済ませると、住民票が一通で済み、経済的です。