モノを運ぶ、気持ちを運ぶ

モノを運ぶ、気持ちを運ぶ

引越し業者に引越しを依頼して、新しい家で新しい生活を。その中で一番大切なことは如何に大切な荷物を破損なくキレイに、迅速に輸送するか、ということに尽きるかもしれませんが、実は、それ以上に比較検討するものと言えば、思い出の詰まった荷物と一緒に、記憶や気持ちを一緒に届けているという事です。そして更に遡れば、荷物を運ぶという事も大切ですが、それよりも、この荷物を大切に運びたい、という気持ちが見えるかどうか、という点も大切です。
それを良く見極めるためにも、見積を依頼した際は、見積り金額を確かめるためでなく、営業の対応も重要なチェックポイントになります。自分の大切な荷物を新居まで安心して任せられるかどうか。それにはやっぱり最後は人。目の前の人は会社の代表ですから、そんな人に任せられないと思うのに、そんな人が居る会社に任せられるわけありませんから。家の中の荷物って、そこに住んでいる人の気持ちがタップリ詰まったもの。だからこそ、人を信じて、人に任せて、大切な荷物を運んでほしいものですね。
トラックが運んだとしても、私たちは、こんな風な気持ちの通った引越しをして、満足な良質の引越しをしたいですね。